構造特性

フランジレスチェッキバルブは、2枚の半円形弁体がピンに支持され、流体圧によって弁体が開き、流れがなくなるとスプリングの反発力によって閉じ、逆流が発生する直前に閉止となるウエハー型の逆支弁です。

フランジレスチェッキバルブは、従来のスイング型逆止弁と比較し約1/4の面間寸法、約1/5の重量で薄型、軽量であり、支持台や基礎工事は不要です。